Blog

ライブドローイング

先日は台風の中パーティーにお越しくださいまして誠にありがとうございました。
youtubeにてライブドローイングの動画を公開しました!

ちょっと遠いですが雰囲気は伝わるかなーと…。
こういう試みは初めてのことでしたがすごく楽しかったです。
演出やセットや照明などを考慮して、今度はライブドローイングに特化したパフォーマンスを皆様の前で披露できればいいなと思ってます。

個展は早いもので折り返して残り2週!
晩秋のバカンスにぜひ恵比寿へいらしてくださいね。

We’ll go on詳細はこちら

Posted on 2017-11-05 | Posted in BlogNo Comments »

 

明日はパーティー!

明日は個展開催記念パーティーです!
15:30から水彩絵の具によるライブドローイングも行います。
初の試みでドキドキしておりますが、しっかりリハーサルして臨みます。
パーティーではVinSantoさんとのコラボカクテルの提供もございます。
こちらもぜひお召し上がりください☆

台風がきているのが心配ですが…。
いらっしゃる方はお足元などお気をつけてくださいませ!
昼間から美味しいワインと美味しい食事、そして絵をみながら秋の休日、楽しみましょう~^-^

Posted on 2017-10-28 | Posted in BlogNo Comments »

 

個展「We’ll go on」開催

 

サイトでの告知が非常に遅くなってしまいすみません。

10月23日より約1か月間、恵比寿のすてきなおしゃれワインバー「dolce wine cafe VinSanto 恵比寿」さんで個展を開催いたします。

詳細はこちら

 

今回は開催記念のスペシャルパーティーも予定しております。

29日は予定がないよ~という方はぜひ遊びにきてくださるとうれしいです。

水彩絵の具によるライブドローイングもやりますし。

フリードリンク・フードもついてますし。

なんとお値段1000円ぽっきり!

秋のお出かけにいかがかな?

 

皆様をお迎えすべく、現在は最後の準備期間。

いい意味で肩の力が抜けた展示、ぜひご覧くださいませ。

Posted on 2017-10-18 | Posted in Blog, お知らせNo Comments »

 

お久しぶりです

wordpressのパスワードを忘れて暫く入れないという失態を犯してしまいましたが、漸く入れました…。
ブログ更新、とてもお久しぶりです。
近況といえば、携帯を変えたことと夏バテしてることぐらいでしょうか…。
(新しい携帯、めちゃくちゃカメラがきれい)

2ヶ月前にデジタルメディアのanTeNTさんにインタビューをして頂きました。
ライターさんがロマンチックに描いてくださいましたので、是非ご覧ください。

白い世界で育った画家・石井智菜美の、色彩のみで紡ぐ耽美的な世界。

    http://antent.jp/2017/05/25/ishii-chinami/

あとは最近描いたものとか。
C_zAxvhUAAAamc6

C_9AI4_UIAAmlMs

このサイトもギャラリーを更新したり、グッズの販売をどうにかしたり
やることはたくさんあるのですがその前に近日お知らせがあるかもしれませんので、
また更新します。が、が、がんばろう。

皆様も夏バテにはお気をつけて!

Posted on 2017-07-24 | Posted in BlogNo Comments »

 

ジャケットイラスト公募について

いつもみてくださってありがとうございます。
既に発表の通り、Maker’s Base賞をいただいた
サンタラニューアルバム「Moon in a Bottle」について、諸々な変更がありました。

当初の発表では、副賞のひとつに「オルタナティブ盤受注生産の権利」とありましたが、
代替案をMusic For Life及びMaker’s Baseで考えるとの連絡がありまして、実質中止となりました。
facebookで投票をいただいておきながらこのような結果となり、誠に申し訳ありません。
またお知らせできることがありましたらお知らせいたします。

今回の諸々についてひとつだけ。
どんな立場だとしても、作品をつくって発表している限り作家です。
作品はもちろん、作家も、無碍にされていいなんてことはありません。
モノ作りをする人と関わっているならばこんなことは二度と起こさないようにしていただきたいです。

この件の詳細につきましては各メディアの発表をご参照ください

<Music For Life>
Makers’ Base Tokyo×Music For Life presents
サンタラ「Moon in a Bottle」ジャケット公募・授賞パーティー開催中止のお知らせ
http://musicforlife.co.jp/other/news160503.html

サンタラ「Moon in a Bottle」ジャケット公募企画に関するお詫びと、発売元変更のお知らせ
http://musicforlife.co.jp/other/news160505.html

<サンタラ>
アルバム発売に関わる変更、ツアー東京公演の変更についての経緯のご報告(2016.5.6)
http://www.santara.jp/news/pg400.html

——————————————————————————-
サンタラの音楽は変わらず大好きですし、今度は直接いいご縁があることを願ってやみません。
あと、今回のアルバムの中原中也の詩が「湖上」「春宵感懐」の他、
「都会の夏の夜」だったことに興奮を隠しきれません。
もっと違う詩……たとえば「月夜の浜辺」などがくるかと思っていたんですよ!
やっぱりサンタラらしくて素晴らしいなぁ。

全曲試聴はこちらでできます。
https://soundcloud.com/santara/sets/moon-in-a-bottle

これを聴いてツアー、アルバムを楽しみに待っています。

Posted on 2016-05-06 | Posted in Blog, お知らせNo Comments »

 

夜を泳ぐ

先日応募していたサンタラのNEWアルバム
「Moon in a Bottle」ジャケットデザインの賞が発表となりました。

発表ページ

私はMaker’s Base賞をいただきました。
投票は全体の4位でした。facebookで投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。
自分の絵にいいね、という応援が増えていくのを見るのはとても励みになりました。
このあとどういう工程を経ていくのかはちょっと解らないのですが、
オルタナティブ盤ブックレットジャケットのデザインとなり、
更にそのオルタナティブ盤を受注生産できる権利、があるそうなので、
また詳細が出たら追ってお知らせいたします。

できるだけいろんな人にサンタラの音楽(と、私のイラスト笑)に触れてほしい!
それが不時着した瓶を開けるということなのかもしれない。

サンタラ賞・アオヤマヤスコさんデザインのアルバムの予約はこちらから。

消しゴム版画ってこんなに美しくやわらかいんですねえ…。

最近色々考える機会が多くて気持ちがそわそわしてましたが、
これでまずは一段落?となりました。

素敵な依頼もいただいていることですし、
心機一転がんばろうと思います。
今年こそ、ツイッターとブログの更新機会を増やしたいな!

113-1

(昔々の線画)

Posted on 2016-04-29 | Posted in Blog, お知らせNo Comments »

 

Moon in a Bottle

大好きなアーティスト、サンタラのニューアルバムが6月に発売されます。
それに伴い、ジャケット用のイラストが一般募集となりました。
http://www.santara.jp/news/pg372.html
(詳しくはこちら)

私は2枚応募しまして、そのうち1枚を一次審査に選んでいただきました。
ここからは二次審査となります。
実際にジャケットデザインに選ばれるサンタラ賞の他、
facebookの「いいね!」投票の上位3作品が
Maker’s Base賞としてオルタナティブ盤デザインに採用されます。

作品はNo.7「夜を泳ぐ」。
アルバム全体のコンセプトである月夜が詰められたボトルの中でゆらゆら浮かぶ、
むせかえるほど芳醇で濃密なサンタラの音楽をイメージし、
熱帯に咲くカエンボクの花とベタと共に表現しました。

サンタラをライブで初めてみたのは寒い冬の夜でしたが、
あれからずーっと、サンタラは熱帯を優雅に泳ぐイメージなんですよね。
キョウコさんの濃密な声と、雨を連れてくるような砂田さんのギター。
今回はラブレターをしたためる気持ちで描きました。

投票は4月24日までです。
facebookのアカウントをお持ちの方はぜひ、いいね!していただけますと幸いです♪
投票はこちらから

なにはともあれ、ニューアルバムもツアーもとても楽しみ!
今回は中原中也の詩にメロディをつけた曲も入るそうです。
湖上と春宵感懐は既にライブでも披露されていますが、
どちらもキョウコさんの声にぴったりでしたよ~。
もう1曲がどれかはあれこれ想像を巡らせています。

個人的に中也の詩は大好きなので、アルバムを聴きながら詩集をめくるのもまた楽しみ。

CfW9tLHVIAEMivY

応募していたもう1枚の絵はこちらでした。
サンタラにベタはとても似合うなと常々感じていたので、
どうしても描かずにはいられなかった…。

Posted on 2016-04-06 | Posted in Blog, お知らせNo Comments »

 

CONDENSED VANILLA 2015

告知が遅れてしまいましたが、以下の展示に参加いたします。
モノクロとカラー、新作2点展示販売予定です。

“Condensed Vanilla 2015”
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2015/20150914ab.html

◆入場料 ¥500(展示室AB共通)
【土・日・祝】12:00 ~ 17:00
【平日】(月~木)12:00 ~ 19:00(金)12:00 ~ 20:00
※21日(月・祝)のみ休業いたします。

9月のシルバーウィークをまたいで開催する今展示は、センシティブに造りこまれた立体作品、ショッキングながらも美しい写真作品、ラディカルかつ、デカダンスな平面作品まで、ヴァニラ画廊を代表するアーティストによる≪衝撃作≫が一堂に会し、直近の活動が俯瞰できる展覧会として、多くの来場者が訪れる好評企画展です。
今回は会期中に開催するサディスティックサーカスとの特別コラボレーション展示も有。あなたの醒めた興奮を喚起する、魅惑の作品群を是非お楽しみ下さい!

出品作家(予定)
石井智菜美/伊藤啓恵/池谷友秀/Ueda Usuke/大串祥子/
Kamerian/川上勉/C7/Saturno Buttò/空山基/髙木智広/
多賀新/立花奈央子/たま/寺田克也/波磨茜也香/春川ナミオ/
冷墨清志/平田澱/泥方陽菜/中島圭一郎/Natalie Shau/
ナナオヒシャク/麻子/水元正也/Melanie Pullen /吉田槇/
横倉裕司/ルネッサンス吉田/Rockin’Jelly Bean

名字が「あ」行だと一番最初にきてしまう気恥ずかしさ…。
見応えたっぷりの展示になること間違いなし。
今のところ、在廊は23日(水)/26日(土)/27日(日)/3日(土)を予定しております。
追加日もあるかもしれません。決まり次第お知らせいたします。

Posted on 2015-09-01 | Posted in Blog, お知らせNo Comments »

 

個展終了しました

2015-06-19-18-06-28_deco

石井智菜美展「羽化の季節」
全会期無事に終了いたしました。

お忙しい中貴重なお時間を頂き、ご来場して下さった皆様、
芳名帳へのご記帳・感想ノートへのご記帳下さった皆様、
また搬入・搬出をお手伝いして下さったスタッフの皆様、
応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。

メインビジュアルとして使用していた絵が予想以上に大きくてよかった、と
感想を頂けたことが嬉しかったです。
B1の作品は初めてでしたが、無事にお披露目することができて安心しました。

2015-06-19-18-05-52_deco

額装や画材の展示につきましても喜んで頂けて何よりです。
水彩色鉛筆という画材について、技法などを質問されることが多かったように感じました。
私自身もまだまだこの画材と向き合う時間が足りませんが、
より魅力を引き出せるように精一杯精進したいと考えています。

お礼状は後日皆様にお送りさせて頂きますので、まずはご挨拶までにブログを更新いたしました。
今後も良い作品をもって皆様にお会いできますよう描き続けていきます。
本当に、素晴らしい時間をありがとうございました。

Posted on 2015-06-21 | Posted in Blog, 羽化の季節No Comments »

 

額装について

1年ぶりに搬入のために額装を行って、どっと安心しました。

作品を描いている間、美しくなるようにメイクを施しているのに、衣装が用意されず、
その子の格好はずうっとジャージのままで、舞台の本番がすぐそこに迫っているような、
完成しても、ジャージ姿のままなので、本当にこの子は美しいのか、
本当にちゃんと舞台にあがれるのか、本当にこれでいいのか、そんな不安が尽きません。

作品の善し悪しが額で決まるわけではありませんが、
額装をすると、その子の魅力がぐっと引き出されていき、
長い間向き合いながら抱えていた不安が、一気に解消されていく気持ちになります。

ずっと見つめている間に、慣れてしまって自分で忘れてしまっていたその子の美しさを思い出して、
ああよかった、ちゃんと美しかったんだ、と、とても安心するのです。
大丈夫、あなたは美しいから、自信を持って行ってらっしゃい、と舞台へ送り出すことができる。

どんな子に完成するんだろう、とドキドキしながら額に入れて、裏返して確認したその時、
そこで初めて、私とその子をつないでいたへその緒が切れるんだと思います。
何もないところから全てを象り、作っていたこの手を離れて。

例え、合わないなと感じていても、舞台では光るかもしれない。
例え、合わなかったとしても、本当に似合っていたのはどのドレスだったのか、
どんなメイクだったのかを知って、次は美しくすることができる。
色んな子がいて、ひとりひとり違っていて、みんな愛しくなって、
探すことの楽しさと、見つかった時の嬉しさを感じることができる。

額装はとっても楽しいです。
悩んで、選んだ上で、みんなドレスを着ることができました。
額も含めて楽しんで頂けたら幸いです。

Posted on 2015-06-11 | Posted in BlogNo Comments »